トップページ > 派遣社員として働いてみて

派遣社員として働いてみて

"大学卒業時、文系女子、三流大学は就職超氷河期だったため、就職できませんでした。
そのため、友人に誘われて、新卒用の派遣登録会に行きました。

そこですぐさま仕事を紹介してもらい、ある会社でデータ入力として3年半ほど勤めました。

3,4人の社員のグループの中に1人派遣が入り、社員と同じ仕事をしろ、でも一切口出し無用、みたいな感じだったので、
それを不満に思う同僚もいました。

私は「責任ないし、考えなくていいなんてラクだな〜」くらいしか思ってなかったけれど。

不満に思っていた同僚はその後正社員の道を探して退職していきました。

でも、発言て、責任を伴いますよね。

私は精神的に追いつめられるとかなり弱いタイプなので、「責任」という言葉が重いです。

そのため、与えられた仕事を粛々とこなす、というほうが向いているようです。

ということは派遣が向いているのだ、と自分で思いこみ、あれから10年近くたちますが、
いまだに派遣社員として、主にデータ入力業務を頑張っています。"