トップページ > 残業時間のナチュラルハイ

残業時間のナチュラルハイ

" フレックスタイム制の会社で働いていました。私は大体9時〜5時半くらいを目処に仕事をしていましたが、たまに残業をすると昼間とは雰囲気が違って面白かったです。
 私にとっては残業時間でも、コアタイムギリギリに出社する人にとっては、バリバリ働いている時間です。 昼間まだ眠そうだった人が、エンジン全開で仕事をしていたり、残業続きで眠っていない人たちが、次第にナチュラルハイになっていく様子が見られます。
 お腹もすいてくる時間帯なので、職場のあちらこちらでカップ麺を食べ始めたり、見慣れた職場のはずがいつもと違う空気感につつまれて不思議な感じになるんです。開発の現場だったので、納期間際には残業続きでハイテンションの人が続出で、ピリピリした雰囲気にもなりますが、自分自身もナチュラルハイになっているのでなんだかおもしろかったです。
"